So-net無料ブログ作成
検索選択

天竜川転覆事故

夏真っ盛り
天竜川での転覆事故

残念なことに
2人が亡くなり3人が未だ行方不明という

今朝のワイドショウで現地中継していたが
かなり穏やかな流れに見えた

水の事故とは
やはり想像以上に怖いものだ

最近ジムのプールに通い始めた
ここ10年間運動を全然して無かったからかきつい

25m泳ぐと息が切れて
全く泳げないのである

昔は1キロ泳いだりしていたのだが
本当に昔話のようだ

いきなり川に放り出されたらかなり厳しいだろう
さらに洋服を着ているのだから泳ぐにはとても難しい

救命胴衣の話題が出ていた
基本的にマスコミは過失を探したがるのであろう

河川での小型船舶は
12歳以下しか着用義務が無いらしい

この会社は乗車全員分の救命具を用意し
12歳以下には着用をさせていたとのことだ

しかしマスコミは標的を見つけたがる
救命胴衣はそれで良いのかとか法律があまいとか

求めたいことは分かるが
何故皆同じ方向しか向かないのであろう

船に乗ると言うことは
100%の安全でないことは皆分かっていることではないか

飛行機も車も自転車でもしかりだ
可能性として事故が起きることは理解しているはずだ

勿論今回の事件は
現時点で船頭の過失があったと報道されているが

救命胴衣の責任ではないだろう
それは責任転換しているにすぎない

車のシートベルトの時もそうだった
毎年多くの命を奪う車

皆その事実を知っている
しかしシートベルトに転換して話題をおえる

おかしなものではないか
このままでは車もヘルメット着用になりかねない

救命胴衣やシートベルトを反対していいるわけではない
マスコミが取り扱う視点を問題としているのだ

事故は起きるものである
その後再度事故を起こさないようにどうするか

ここがポイントであろう
同じ過ちは犯してはいけないのだ

とはいえ
これで全国各地の激流下りはお客さんが減るのは残念だ

最後にご冥福をお祈りする共に
行方不明者が一刻も早く見つけられることを願う
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。